衣類のカラーバリエーションの変化について

PR|三宮の痩せたい人向けエステ東京都内の20歳で入学できる美容学校下松市で美白を目指すエステ東京で評判の腰痛治療院渋谷のデトックス痩身エステ

大学のころ、色彩心理学で色の心理を少しだけ習いましたが、日常に取り入れるほどではありませんでした。10代の終わりから20代にかけて、手持ちの衣類のカラーは黒がメインでした。特にボトムスは黒が多く、全身真っ黒というコーディネートもしょっちゅうで、黒をきていると安心感がありました。黒以外ではネイビーやブルー、グレーなど、寒色系のカラーが多く、常に地味な格好をしていたように思います。

黒中心のコーディネートに変化があったのは、マツエクサロンの採用面接のためにたまたま訪れたファッションビルのショップで黒いスカートを買おうとした時です。柔らかいウールで、少しフレアーが入ったデザインで、黒でもフェミニンな雰囲気がある、と気に入り、試着をしようとした時に、ショップの店員さんが「色違いでピンクもありますよ。よかったら、こちらも試着してみませんか?」と勧められたのです。

ピンクには全く興味がなかったのですが、せっかく勧められたのだから2種類試着をしてみることにしました。派手な感じではなく、落ち着いた優しい色合いのピンクです。
試着をしてみると、ピンクのスカートは意外としっくりきました。もう一人の店員さんも、ピンクの方が似合っていますよ!と勧めてくれるので、全く予定外にピンクのスカートを買ってしまったのです。

家に戻って、手持ちの服を合わせてみると、何とかコーディネートできないこともないけれど、やはりもう少し明るい色の服がほしい。ピンクのスカートに合わせるために、寒色系のカラーから、ベージュやオフホワイトなど明るい色のものを買うようになりました。

黒一辺倒だったので、暖色系のカラーのものを着るのは最初は少し恥ずかしい気もしましたが、「こっちの方が似合っているよ」と言ってくれる友人もいて、1枚のスカートがきっかけで身に付けるカラーのバリエーションが広がっていきました。

今でも黒は手持ちの服の定番カラーの一ですが、ピンクやオレンジなど、暖色系のカラーも大好きになっています。明るいカラーの服を着ることで、気持ちが前向きになる時もあります。若い時は保守的になりがちですが、いつもは身に付けない色に挑戦してみると、世界が広がるような気がします。

PR|エステサロンを上手に利用する情報サイトAGAでお悩み解決住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣生命保険の口コミ.COM英語上達の秘訣健康に役立つ口コミ情報お家の見直ししま専科カウンセリングのお悩み解決サイト