カラーセラピーで自分が癒される色を知る。

カラーセラピーは心理的にも身体的にも自分に合う色を探す手助けになります。私が子供の頃から大好きな色がありますが、母親に言わせるとそんなに似合っていないと言うのです。友人は気を使ってくれてか?そんな事はないよ、似合うよと言ってくれていたので、実際のところは似合うのか?似合わないのか?分からずにいました。

そんな事も含めて、知人の紹介でカラーセラピーの方に私が本当に似合う色や癒される色を指導してもえらることになったのです。

まず、カラーセラピーで分かったのは、私が好きだったり、好んで着ていた服の色は私が特別癒される色では無かったのです。
それには結構衝撃でしたが、後日、自分の部屋のベットカバーやクッションの色をカラーセラピーしてもらった色に変えたら、本当に癒される事に気が付きました。

服の好みも段々と変化があり、セラピーの方が私が癒される色を教えてくだったカラーの物を自然と多く選ぶ様になっている自分がいました。
母親も以前私は好きだった色よりも、今、好んで着ている色の方が断然似合うというので、驚いています。カラーセラピーは凄かったです。